momokahime



禁煙外来

『禁煙』というと、強い意思が必要で「我慢=イライラとの戦い!」みたいなイメージがあると思いますが、実は、病院でお医者さんと一緒にすすめていけば、無理なく出来、そして成功率も高いのです。そこで、禁煙指導を受けられる病院『禁煙外来』についてみてみましょう。

  • 禁煙外来とは、煙草をやめたい人向けに作られた専門外来です。 お医者さんが、身体・精神的にサポートし、禁煙できるように導いてくれます。 又、一定の基準を満たす喫煙者の禁煙に関して、健康保険の保険適用もされます。
  • 実際、禁煙外来では、どのような治療が行われるのでしょう。 おおよその流れは次の通りで、保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月です。

禁煙治療の流れ

  • 初回: 問診で治療法の説明を受け、ニコチン依存度・喫煙の状況禁煙の関心度などのチェックが行われます。 続いて、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定が行われ、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」 へのサイン、次回診察日の決定を行い、最後に治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。
  • 2回目: 初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。 又、呼気中の一酸化炭素濃度の測定を行い、最後に禁煙補助薬の追加処方を受けます。
  • 3回目: 初回から4週目(2回目から2週目)に再診し、呼気中の一酸化炭素濃度の測定とともに、 出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。
  • 4回目: 初回から8週目(3回目から4週目)に再診し、3回目と同様の処置を受けます。
  • 5回目: 初回から12週目の再診が最終回で治療終了です。 禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

費用の目安

  • 禁煙外来の費用には、初診料や再診ごとに掛かるニコチン依存症の管理料金などの他に、 禁煙補助薬(ニコチンパッチや内服薬)の費用が必要となります。 ニコチン依存症管理料とは、医師によるカウンセリングやフォローなどに対する費用です。 保険適用となる場合には、それぞれの健康保険に従った割合での自己負担となりますが、 保険適用外であれば、全額自己負担となります。(保険適用基準は後述)
  • 費用の一例(保険適用で3割負担の場合)貼付薬による治療の場合:約12,000円前後、 内服薬による治療の場合:約20,000円前後


カスピ海ヨーグルト 作り方 英語 スカイプ skype 英語比較 レディースゴルフウェア 外壁リフォーム
inserted by FC2 system